qrcode.png
http://musashinoseichi.com/
モバイルサイトにアクセス!
宗教法人 日蓮宗 昇龍山 妙宣寺
むさしの聖地 永久の郷
〒336-0963
埼玉県さいたま市緑区大門
2001番地2
TEL.048-812-1771
007209
 

副住職のつぶやき

 
フォーム
 
今、確かに生きているということ
2020-08-14

先日、旧友に合って食事をしていた。

友人は目をキラキラさせながら

「被災地の人達に沢山教えてもらった」と言ってきた。

話を聞くとお盆のお経回りの為に被災地に行ってきたというのだ。

その友人は現地の事をよく知るAさんと二人で数十件を回ったそうだ。

途中、昼食を取る為にレストランに入った。食事中にAさんはある人に話しかけられた。

振り返ってみると、Aさんの旧友Bさんだった。久しぶりに対面した二人は思い出話を始めた。話が進んでいくとやはり先の震災の話に。

Aさんは

「おじさんは元気?」とBさんに聞いた。

Bさんは俯きながら首を横に振るだけだった。

「おばさんは?」

また首を横に振るだけだった。

そんなやり取りが数回繰り返された。

しかし、「A子さんは?」と言うと

顔を上げ笑顔で

「生きてるよ」と涙を流しながら答えた。

二人はA子さんが生きている事に涙を流しながら話を続けていた。

私の友人はその一部始終を見て

『生きている事に涙を流した事が自分はあっただろうか』と思ったそうだ。

友人は私にゆっくりと語り出した。

「俺達は大体、誰かが亡くなった時に涙を流すものだろ?

でも被災地の人達は生きている事に涙を流す。なぜだと思う」

「分からない」と私が言うと友人は

「被災地の方々は命の尊さを実感しているからだと思う。

生きている事が稀であるからこそ涙を流せるのだと思う。

でも、命の尊さは被災地だろうとなかろうと変わらないものだろう。俺達はもっと真剣に命について考えなくてはいけない」と私に教えてくれた。

私達の命は明日さえ保つ事が難しいものなのに誰しもが明日、目覚める事が当たり前だと思っている。本当は生きている事だけで幸せなのに「もっと、もっと」と貪り生きていく。

苦しい事もあるでしょう。悲しい事もあるでしょう。でも今、確かに生きている。

明日を生きられなかった人達の分、一生懸命に生きていかなくてはいけない。

 

                                     合 掌

 
お盆です
2020-08-14
おはようございます。
今月も昨日からお盆が始まりました。
沢山の方々がいらっしゃっていました。暑い中、お疲れ様でございました。
 
ニュースを見ますと帰省できない方が多いようですね。
お参りも同様、行きたいけど行けない方がいらっしゃると思います。
今月も皆様になり代わって、ご供養させていただきました。
 
落ち着いたら来てあげて下さいね。ご先祖様は皆様にお会いできることを楽しみにしていますよ。
 
しょうがない
2020-08-01
こんにちは。
夏ですね?暑いですね?
 
私は小さい頃からアトピー体質でこの時期は汗で手が痛くなったり痒くなったりします。
今年は特に症状がひどいので、皮膚科を受診しました。
年に数回、診察いただいている先生にいつもの薬を処方していただきました。
先生はとても気さくな方で必ず世間話をしてくれます。
世間話のついてでに「この症状っていつ治りますか?」と聞いてみたら
「上手く付き合っていくしかないね」と言われました。
「治らないんだ・・・」「この痒みと痛みを背負ってずーっと生きていくんだ」と思うと悲しくなりました。
 
でも、私だけじゃないですよね?みんな何かしら背負って生きているですよね?
病気もそうですが、人の性格だってそうだとおもうんです。
直そうと思っても直せない。
ですから、何度言っても直らない人には「しょうがない」と思うのもありなんじゃないかと思うんですよ。
相手の性格を否定したり、改善したりしようとしてしまうんですが、
相手の欠点、短所に目を向けている余地はないんじゃないかなと思うのです。
 
時間は有限ですからね。
 
自分の背負っているものとどう付き合って行くかを第一に考えたほうがいいんじゃないかなと思います。
 
                            (文字打つのいたいです。。。)
                                            合 掌
 
 
 
大人って?
2020-07-21

こんにちは。

 昨日、当霊園にお越し下さった方に「『副住職のつぶやき』見ました。更新が楽しみです。」と仰っていただきました。正直、嬉しいです。このような言葉が私の原動力になっています。

本当にありがとうございます。

 

最近、車の中でラジオを聴くようにしてます。話している内容を頭の中で整理する力を養いたいと思ったからです。

たまたま、聞いていた番組は子供達が各専門家の先生に日頃の疑問を解決してもらうという内容でした。

ある小学生の質問者は゛クマゼミが庭先に卵を産み付けたので孵化する瞬間を観察したい。その方法を知りたい ゛との事。

 

先生は丁寧にわかりやすく説明した後に「もし、幼虫を早く成虫にしたければ、アロエを植えた土の上で育てると良い」とアドバイスしていました。

クマゼミの幼虫はアロエの根の汁を吸うと通常5年くらいで成虫になるのが、3~4年で成虫になるようです。

 

食物によって成虫になる時間が早くなるってすごいと思いませんか?

 

人間は成人になる時間が早くなる事は絶対にないですよね・・・

 

法律では二十歳で成人として認められるけれど、若くても立派な人はいるし、私みたいに四十近くになっても毎日誰かしらに叱られている人もいるんですよね。

 

なんで、これだけ違ってくるのだろうと思って

無い頭で考えてみる。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

たぶん・・・「素直さ」なんだろうな。

外見とか年齢とか性別とかキャリアとかじゃなくて、その人から学ぼうとする「素直さ」が大切なんだろうなって思います。

 

お釈迦様の最期の言葉は「私の教えを灯りとし、自身を灯りとして精進せよ」だったそうです。

自分の未熟さを相手のせいにしてばかりじゃダメって事ですね。  がんばろ・・・

                                   合 掌

 
雨続きで嫌ですね
2020-07-15
おはようございます。
梅雨だと分かっていても雨が続くと嫌な気持ちになりますね。
 
お参りの足も遠のいてしまいますね。
 
お参りに行きたいと思っているけど行けないという方も多くいらっしゃるのではないかと思いますので。。。。
 
昨日、当霊園でお休みいただいているご先祖様、故人様に御回向(お経の功徳を回す事)を行いました。
 
 
 
お供え物は私の出来る範囲でご用意致しました。召し上がっていただけたらいいなと思います。。。
 
来月の13日~16日もお盆です。皆様のご来園をお待ちしてます。
 
                                  合 掌
 
 
今日からお盆ですよ
2020-07-13
こんにちは。
今日から「副住職のつぶやき」と題して日常の中で私が気付いたり、感じた事をつぶやいていきたいと思います。
申し遅れましたが、私はさいたま市緑区間宮にある「日蓮宗妙宣寺」で副住職を務めている。山口と申します。
私の戯言が皆様のお役に立てればいいなあと思います。
 
さて、本日は何の日かご存じですか?
本日お墓参りに来られた方に「お盆っていつからですか」って聞かれたんですけど・・・
そうです。今日から7月16日までお盆です。
お盆はお釈迦様のお弟子である目連(もくれん)さんのお話が由来と言われています。
お母様を亡くされた目連さん。きっと成仏してくれていると信じて神通力(超能力みたいなもの)を使ってみたら、餓鬼界に堕ちて苦しんでいたのです。
助けたくても助けられない目連さんはお釈迦様に相談します。
すると「自分の母だけが助かれば良いという心では救うことができない」とお釈迦様。
どうすれば・・・?
「貴方や貴方の母のように苦しんでいる人達に供養をしなくてはいけない」と諭されました。目連さんは人を嫌わず、供養を続けお母様が救われたのでした。めでたし、めでたしと言いたいところですが、
 
なぜ、お母様は餓鬼界に堕ちたのでしょうか?
実は我が子を愛するが故に周りの方々には目もくれず、天寿を全うされたそうです。
その為、貪り続けた人が行くとされる餓鬼界に堕ちてしまったのです。
 
でも・・・母親が子供を一番に考える気持ち、よく分かります。
私も一人の親として我が子を一番に考えてしまいます。
アンパンマンショウに行けば、周りのお父さん達と競って前へ出ようとします。
おいしいと思ったものは食べさせてあげたいなあと思う今日この頃・・・
それが餓鬼界に堕ちてしまう程、良くない事だとしても、我が子の為に一生懸命なんですよ。
 
自分もそうやって色々な人に愛情かけてもらったんだろうなあって思うと「ありがとうございました」っていう感謝の気持ちを込めてお墓参りしなくちゃいけないのかなあと思います。
 
お盆は「皿」と「分」。
なかなか口にできない「ありがとう」の一分をあの人に     合 掌
<<宗教法人 日蓮宗 昇龍山 妙宣寺>> 〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大門2001番地2 TEL:048-812-1771